電車やバスで感じる視線。ワキガ(体臭)を抑える秘訣

ワキガ臭などの体臭は自分でにおいを感じにくい反面、他人には不快感を与えてしまう場合があります。
気付いたら視線を集めていた、というケースも決して珍しくはありません。
なるべく避けたいところですが、においを抑える対策は必要不可欠でしょう。
実はワキガや体臭は改善が可能ですので、一度取り組んでみることをおすすめします。

電車やバスが怖いと感じるワキガの人も多い

体臭の中でも特に強烈かつ不快なにおいを与えてしまうのがワキガです。
ワキガは鼻が曲がるようなにおいを発することも多く、満員電車やバスの車内に充満する場合もあります。
周囲の人達から嫌な目で見られたり、見えない圧力を感じたりすることもあるでしょう。

こうした影響のせいか、電車やバスに乗ることが怖いと感じるワキガの方も少なくありません。
通勤・通学時間がストレスになったり、心理的に強い負担を感じる場合もあると思います。
周囲に不快感を与えないため、余計に気を使ってしまう方もいますが、それ自体がストレスとなり、余計においが強くなることもあるんです。

確かにワキガ臭は強烈ですし、満員電車などでは白い目で見られることも珍しくありません。
しかし、ワキガ臭は抑えることが不可能ではないため、日頃からケア・対策を行うのも良いでしょう。
人によってはワキガ臭がほとんど気にならなくなり、ストレスから開放される可能性もあります。

においのせいで電車やバスに乗るのが怖いと感じていませんか?
もし当てはまるなら、ぜひ対策を検討してみてはいかがでしょうか。

↓僕自身の体験談です。参考にしてください。

関連記事

僕は20代前半からワキガに悩まされ、今までに本当にいろいろな市販のワキガ対策グッズを試してきました。 ネットのレビューを見て購入し、効果があったものやなかったものなど、本当にいろいろです。 自分に最適な商品に出会いたくて、約10年に[…]

ワキガグッズのランキング

ワキガ(体臭)を抑えるためにできること

ワキガや体臭を抑えるための手段は、以下のようなものがあります。
におい抑制が期待できますので、一度実践してみましょう。

自分に合ったデオドラント用品を使用する

最も基本的な対策となるのがデオドラント用品です。
消臭だけでなく、殺菌や制汗も行えますので、まずはデオドラント用品を購入してみましょう。

様々な製品が売られていますので、対策したい体臭に合ったものを選ぶことが大切です。
例えばワキガならワキガケアが可能な製品を、加齢臭なら加齢臭対策向きの製品を選びましょう。

服の素材にも気を付けよう

服の素材を意識している方は少ないかと思います。
しかし、体臭は服の素材によってにおいが強くなる場合もあります。
意外かもしれませんが、ワキガ臭などでは大きな原因の一つです。

特に避けておきたいのはポリエステルなどの化学繊維です。
化学繊維は保温性が高い反面においがこもりやすく、体臭が強く感じる原因となります。
逆に綿や麻などの天然繊維は通気性に富むため、意識して取り入れると良いでしょう。

関連記事

服には様々なにおいが付着しますが、特に注意しておきたいのがワキガなどの体臭です。 体臭は非常に頑固で、一度染み付いてしまったものはなかなか取ることができません。 洗濯しても取れない場合が多いため、染み付くと余計な手間が掛かってしまうでし[…]

関連記事

ワキガのにおいやそれ以外の体臭で困っている人はとても多く、日常的に身につける服に嫌な臭いがつくのでは…と考えているケースも見られます。 実際にワキガのような強いにおいの場合には着用を重ねるに従って服の素材についてしまい、洗ってもなかなかそ[…]

気にしすぎずリラックスする

自分の体臭を気にしすぎていませんか?
誰かに白い目で見られたらどうしよう、という不安はあるかと思います。
ですが、気にしすぎるのも考えものです。
それ自体がストレスになってしまい、体臭が強くなるおそれもあります。
あまり気にせず肩の力を抜いたり、リラックスすることも重要です。

生活習慣・食習慣を改善する

生活習慣や食習慣も見直してみることをおすすめします。
不摂生や偏食は健康にも影響しますが、実は体臭とも深く関わっています。

中でも食事は重要性が高く、脂質の多い食事ばかりだと体臭が強くなるおそれがあります。
特にワキガ臭は悪化しますので、一度食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

場合によっては治療も考える

あまりに体臭が強い時は、病院やクリニックで治療を受けるのも検討の余地があります。
ワキガ臭などは現在病院で治療を受けることが可能で、様々な治療方法が確立されています。
例えば汗腺をレーザーや手術で取り除く方法や、塗り薬・内服薬で抑える方法などがあります。

こうした病院での治療は最終手段といえますが、確実ににおいを抑えたいなら有用です。
様々な対策を講じてもにおいに変化がない場合、一度考えてみることをおすすめします。

裏技?的な方法も紹介

ワキガや体臭対策は様々ありますが、少し変わった裏技もあります。
特に電車やバスを利用している方に最適ですので、一度実践してみてはいかがでしょうか。

混雑していないタイミングを狙う

電車やバスなどの交通機関は、混雑する時間帯と閑散としている時間帯があります。
特に混雑しやすいのが、朝の通勤時間と夕方~夜の帰宅時間です。
もちろん地域によって変わりますが、これらの時間帯は電車もバスも混み合います。
そのため、ワキガや体臭で周囲に不快な思いをさせる可能性が高いんです。

逆に言えば、これらの時間を避けて利用するのも良いでしょう。
例えば買い物へ行くのであれば、朝の混雑を避けたり、お昼からゆっくり行くのもおすすめです。

徒歩や自転車の移動も検討する

徒歩か自転車、自家用車などでの移動も検討してみましょう。
電車とバスは便利な移動手段ですが、多くの人が利用するのがネックといえます。
しかし車内に体臭がこもるため、不快感を与えるおそれがあります。

一方、移動時に徒歩や自転車を利用すれば、他人に不快感を与える心配がありません。
人の目を気にする必要もなくなりますし、ストレスからも開放されます。
可能であれば、ぜひ徒歩・自転車での移動を考えてみましょう。

まとめ

ワキガや体臭は非常に強いにおいを発するため、電車やバスの車内に拡散するおそれがあります。
他の乗客へ不快感を与える場合もありますし、ご自身が強いプレッシャーを感じることもあると思います。
そのような状態が続くと、電車・バスに乗るのが怖くなる可能性もあります。

しかし、ワキガも体臭も様々な対策が可能です。
においを抑えることは難しくありませんので、においでお悩みなら取り組んでみましょう。
場合によっては移動時間・手段を変えるのもおすすめです。